• ホーム
  • ヘアカラーはハゲる原因になる

ヘアカラーはハゲる原因になる

日本人は黒髪ですが、ヘアカラーを行うことで、より明るい髪色や個性ある髪色にすることができます。
とはいえ、やはり髪にはある程度の負担もありますので、ヘアカラーを繰り返すことはハゲることにつながるのではと心配している人もあるのではないでしょうか。

ヘアカラーは市販の商品、美容室で提供されているものなど、様々な種類がありますが、正しい使い方を心掛ければ、それでハゲるという心配はまずないと言えるでしょう。
ヘアカラーは髪を染めるものですが、根元からしっかりときれいに染める必要がありますので、頭皮についてしまうこともあります。
頭皮にヘアカラーの薬剤がついてしまうと、それが毛穴を詰まらせてしまい毛穴が呼吸できなくなってしまいますので、その結果髪にも栄養が行き届かず、新しい髪が育ちにくくなることは考えられます。

ヘアカラーはある程度、髪を傷めることにつながりますが、髪についているだけではハゲるというところまではいきません。
ヘアカラーでハゲるとされる理由は薬剤が頭皮につくことで頭皮に刺激があったり、毛穴が詰まることですので、髪を染めるときもできるだけ頭皮につけないということも大事です。
健康な髪を育てるためには頭皮の健康は欠かすことができませんので、できるだけダメージを与えず染めるようにしましょう。
プロの美容師に染めてもらうと、できるだけ頭皮につかないよう、丁寧に染めてもらうことができますが、自分で染める場合は、頭皮の状態をしっかり確認することはできないので、リスクは高まると言えるでしょう。

皮膚呼吸や毛穴の呼吸を妨げることなく、安全に髪を染めるのであれば、やはりプロである美容師に依頼することがおすすめです。
正しく染めることで、毛穴が詰まるということも避けられますし、髪に必要な栄養素もしっかりと行き届くようになります。
頭皮は知らずのうちにダメージが起きている場合もありますが、頭皮の状態を確認しながら施術を行ってもらえるのも美容室で染めるメリットです。

ヘアカラーにより頭皮が炎症を起こすこともある

ヘアカラーのあと、頭皮がひりひりする、かゆみが出る、赤くなるなどのトラブルで悩んだ経験のある着とも多いのではないでしょうか。
刺激の強いカラー剤を選んでしまうと、時には炎症が起きることもあり、時には、額や首筋まで炎症が広がってしまうこともあります。
トラブルを避けるためにはできるだけ品質が良く、安全性に優れた薬剤を選ぶことも大事です。

ヘアカラーはできるだけ頭皮につけないということは大事ですが、洗い流しも行いますので、どうしてもついてしまうこととなります。
炎症やトラブルを起こさないためにも成分が頭皮に残らないよう、しっかりと洗い流しておきましょう。

使用前にはヘアカラーの成分はしっかりと確認しておくこと、パッチテストも行っておけばトラブルもかなり防ぐことができます。
頭皮や皮膚が過敏になっているときに施術を行うことはトラブルにつながりやすいので、カラーの施術を行う際はできるだけ体調も皮膚の状態も良いときに行いましょう。

ヘアカラーを行う際はパーマなどの施術も合わせて行うことが多いですが、同時に頭皮や髪に負担のかかる施術を行うことは刺激もより強くなりますし、炎症も悪化しやすくなってしまいます。
パーマなどの施術を行う際は頭皮の状態が落ち着いてから行うことがおすすめです。

ヘアカラーによる頭皮の刺激は短期間でおさまることも多いですが、長期にトラブルが続いている場合は放置せず、皮膚科などで受診するようにしましょう。
頭皮が炎症を起こしている状態を放置することは髪にも悪い影響が出てしまいますので、早めの対策が大切です。
勝手な判断で市販薬をつけることは、かえって悪化させてしまうこともありますので、医療機関で適切な治療を提供してもらいましょう。