• ホーム
  • 塗布するAGA治療薬の効果とは

塗布するAGA治療薬の効果とは

AGA治療薬には頭皮に直接塗布するタイプの物があります。
通常の発毛剤と同じように利用する事になりますが、どのような効果があるのか解説してみましょう。

塗布するタイプのAGA治療薬にはミノキシジルと呼ばれる成分が配合されているのが特徴ですが、このミノキシジルという成分は高い発毛効果があります。
元々は血圧治療の際に利用されていた成分ですが、発毛作用がある事を発見されてからはAGA治療薬にも利用されるようになったのです。

主な効果としては血管拡張作用と言われており、それによって毛根への血流量がアップします。
そして血流量がアップする事で酸素や栄養成分が毛根までしっかりと行き届くようになりますので、髪の毛を育てる為の重要な役割を持つ毛母細胞の活動も活性化するのです。
強力に発毛を促進してくれますので、その他の発毛剤とは一線を画す効果に期待ができると言われており、病院での薄毛治療の際にも用いられています。
実際に発毛が確認されたというデータもある数少ない存在ですので、薄毛の悩みがあるようなら活用してみる価値があるのではないでしょうか。

ただし、AGA治療薬を利用する上での注意点がありますが、それは塗布するだけでは効果が低い可能性がある事です。
塗布するタイプのAGA治療薬には確かに高い効果がありますが、しかしながらAGAの場合は強力な脱毛物質が存在しており、発毛の阻害をしてしまうと言われているのです。
つまりAGA治療薬を利用しても効果が薄くなってしまい、期待するような効果が得られない事もあります。
しかしながら脱毛物質を食い止める作用のある飲むAGA治療薬もありますので、そちらを併用する事によって有意義な対策する事ができると言えます。